ホーム>貸切バス事業者安全性評価認定制度

貸切バス事業者安全性評価認定制度

宮園自動車株式会社 株式会社宮園福祉は、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」認定事業者です。観光バス・スクールバス・送迎バスなどの運行に貸切バス事業者を選ぶ際の基準としてご活用ください。

この評価認定制度によって認定を受けた事業者(認定事業者)は、国土交通省ならびに日本バス協会のホームページにおいて公表されています。


認定証はこちらから(宮園自動車) 認定証はこちらから(宮園福祉)

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは

お客様が観光バス・貸切バス(送迎バス・スクールバス)を選択する際に、その事業者が
「安全性確保のための取り組みを適切に行っているか」=「安心して利用できるバスか」を判断することは難しいことです。
貸切バス事業者安全性評価認定制度は、公益社団法人 日本バス協会が安全性や安全の確保に向けた取り組み状況について評価認定を行い公表するもので、お客様がより安全性の高いバス事業者を選択する指標の一つとなるものです。

評価認定の方法

①安全性に対する取組状況
②事故及び行政処分の状況
③運輸安全マネジメントの取組状況
について書面及び訪問審査を行い、日本バス協会に設置された学識経験者、有識者、国土交通省、日本バス協会により構成される貸切バス事業者安全性評価認定委員会において、評価認定が行われます。