»お問合せ   »応募     
  • ハイヤー
  • UD-TAXI

●環境対策
グリーン経営認証取得(交通エコロジーモビリティ財団)
2004年11月   宮園自動車杉並営業所・豊和自動車本社営業所
2006年10月   宮園交通本社営業所
2013年 7月 宮園自動車福祉練馬営業所
2013年 7月 宮園福祉
タクシー部・福祉輸送全てで取得し、それぞれ環境保全に取り組んでいます。
ISO 14001(国際規格環境版:JQA(日本品質機構)
2005年 9月 宮園自動車福祉練馬営業所で取得
「チャレンジ25キャンペーン」(環境省)
20010年 2月 グループ全社で登録
温室効果ガス25%削減を目指す国民運動


グリーン経営


【環境方針】
       環境理念
宮園グループ(宮園自動車㈱・豊和自動車㈱)は、社是に基づき、旅客運送事業(タ クシー・ハイヤー)を通じて環境保全運動に取り組み、高品質なサービス提供責任と安全な 運行により地域に貢献し、企業活動と自然環境の調和を目指して社会を果たします。
1.
適切な車両整備と社内教育により快適な移動環境の提供に努めます。
2.
環境負荷低減を目指し、資源とエネルギーの再利用と有効活用、排ガス、廃棄物の削減 を行い、汚染の防止に努めます。
3.
環境方針に沿い目的・目標を設定、必要に応じて見直し、継続的な改善を行ないます。
4.
環境関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
5.
全従業員に対し環境理念、方針を周知徹底し、環境保護の意義と重要性を認識させます。
6.
この環境方針は社内外に公表します。

【行動計画】
       事業活動の概要 
宮園グループタクシー部
宮園自動車株式会社杉並営業所   東京都杉並区井草4-17-17
                  環境保全責任者   代表取締役 川村 泰利
                  環境管理責任者   常務執行役 員金康 健司
豊和自動車株式会社本社営業所   東京都目黒区東山2-5-3
                  環境保全責任者   代表取締役 川村 泰利
                  環境管理責任者   常務執行役員 新井 道和
                  事  務  局   経営統括部

   
グリーン経営推進チェックリストによる現状把握とその課題
1.
環境保全のための仕組み・体制整備
平成16年6月制定(改訂H18.12.18)の環境方針及び推進体制(組織図)に基づきレベル2を維持する。
全従業員に対する環境教育について順次行っているが、さらにレベルアップした指導が必要である。
2.
エコドライブの実施
燃費等に関する目標の設定について車両ごとの燃費把握はもちろんのこと、目標達成に 向け環境管理責任者及び環境管理推進委員を通じ、全従業員にアイドリングストップや エアコン過冷却の自粛等エコドライブの必要性・重要性の理解を図るとともに、その推 進手段の整備を継続実施するとともに、全体として取組を強化する必要がある。
3.
低排出ガス・低公害車の導入
現在タクシーとして使用しているTA-YXS10・ABA-YXS10が認定されている、ハイヤーに ついても低公害車を今後の代替で順次導入予定である。
4.
自動車の点検・整備
乗務員や整備担当者に対する教育や情報提供を行っている。整備項目に関しても日常点検・ 当社独自の
1ヶ月点検・法定定期点検を実施し、車両の良好状態を保つとともに環境に対し 影響のある現象が確認された時には、直ちに臨時整備を実施する。
5.
廃車・廃棄物の排出抑制、適正処理及びリサイクル
廃棄物の処理については、適正な事業者に委託する、現在委託している業者からマニフェスト等を完全徴収する。
6.
空車走行距離の削減及び効率的走行の推進 GPS-AVMシステム導入やモーニングサービス等、空車走行の削減は全社 で取り組んでおり、今後も効率的走行実現に向け運行管理者・ 整備管理者一丸となり、乗務員への指導を徹底する。
   
チェック結果を踏まえた今後の取組方針
1.
燃費向上の観点から「エコドライブの実施」に重点的に取り組み、「ふんわりアクセル『eスタート』!」 の更なる徹底に努める。
そのため、通年での燃費改善目標を見直すとともに、エコドライブの取組状況の把握とそれを基にした個別の指導を実施し、 レベル3の達成に努める。
2.
その他の項目については、当面、現状を維持する。なお、従業員への環境教育については、 エコドライブや点検・整備に関する教育・指導を通じ、その充実を継続する。
エコドライブの取組状況をもとに、乗務員に指導を行う(燃費の悪い乗務員への注意、燃費の優れた乗務員に対しての表彰)。

       「エコドライブの実施」に向けた取組
1.
燃費向上に関する数値目標 エコドライブを確実に推進し、本年度までに平成18年度と比較して1.188%削減することを目標とする。
2.
目標達成に向けた具体的な取組
エコドライブの取組状況をもとに、乗務員に指導を行う(燃費の悪い乗務員への注意、燃費の優れた乗務員に対しての表彰)。
車両の走行距離や燃費使用状況、エコドライブの取組状況に関するデータをもとに燃費管理を行い、必要に応じて取組の見直しを行う。

その他の取組
1.
エネルギー・資源の節約、不必要な照明の消灯、空調機器の適正温度利用、水の節約を行う。 また、コピー用紙等の使用量削減やエコマーク製品等を優先的に購入するなど、資源の節約に努める。
2.
ゴミの発生抑制 使い捨て製品の購入を控えたり、分別回収に努めるとともに、資源リサイクルを率先して行う。
3.
年間教育計画
営業所ごとに教育項目を策定し全従業員に対し実施する。

       平成29年度 エコドライブ推進計画
目 標 値   平成28年度対比、各社平均1.17%の改善、目標保持㌔ 5.83km/L
宮園自動車:1.5%・5.87km/L
豊和自動車:0.2%・6.03km/L、
実施責任者:環境管理推進委員
実 施 方 法:別途提案の「チャレンジ25」参加、ふんわりアクセル『eスタート』!

環境保全活動Ⅲ(掲示用)で記載されているエコドライブにおいて、「ふんわりアクセル『eスタート』!」を実践するとともに、定められた車輌整備を行うことによって年間削減目標を達成する。
また環境管理推進委員会にて月次ごとの車輌燃費データをもとに取組内容 の効果を精査し、情報交換・実施方法を見直し及び日常・定期での教育訓 ;練内容を定める。
本年も平素より情報収集を活発に行い燃費向上の方法を模索、検討、実行 する。
その他全社的なエコドライブ推進イベントとして年一度以上の燃費向上キャンペーンを実施す る。
平成25年度残念ながら実施しなかった(燃費は改善、向上した。)
平成26年度は環境管理推進委員会にて時期、期間等検討の上実施する。

▲PageTop